ペット里親チャンネルは保護犬、保護猫を紹介しています。

里親募集 詳細

右後肢の指が全てついていませんが、歩行・走行には支障はありません。

右の後ろ足の指が全て欠けていますが、足裏の大きな肉球はあるので、歩いたり、走ったりの日常生活に支障はありません。時々そちらの足をかばうようなしぐさをすることがあるかもしれません。気になるようでしたら、散歩をさせる時には、右の後ろ足に犬用の靴を履かせてあげて下さい。
お申込みをいただく際には、次の質問へのお答えも添えていただけますとありがたいです。
①お仕事との兼ね合いで、ワンコだけでお留守番をさせることがあれば、時間、頻度/週をお教え下さい。
②これまで犬を飼ったご経験がある、あるいは今、飼っている場合には、犬種、性別、年数(年齢)をお教え下さい。
③初めて犬を飼う場合でも譲渡させていただけますが、ご家族のどなたかにペットアレルギーがある方はいらっしゃいませんか?
④お見合いを希望される場合、1~2週間以内で会いに来ていただくご予定は組めますでしょうか?

状況 募集中
お問い合わせ番号 02230508001
名前 ポンタ
種類 ポメラニアン
サイズ 小型
毛色 オレンジ
性別 オス
年齢 推定 1歳
マイクロチップ 装着済(392146001003442)
ワクチン接種 接種済 ( 6種混合ワクチン )
狂犬病 接種済
不妊手術 不妊手術未
単身者応募 応相談
高齢者応募 応相談
募集地域 首都圏エリア(埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県)
里親理由 生まれつきのハンディがあって、一般のペットの流通プロセスから外れたため。 
リンク ①
リンク ②
リンク ③
備考 (1)お知らせいただいたお住まいの環境、家族構成、飼育経験などの情報をもとに、飼い主候補様を選ばせていただきます。犬との暮らしには、「ゆとり」が必要です。「時間のゆとり」「お金のゆとり」「心のゆとり」「変化へのゆとり」です。ゆとり度の高さで判断させていただきます。
(2)第二種動物取扱業の保護活動者の場合には、非営利活動の位置づけなので、個々の犬は無償での譲り渡し、別途、保護活動に対する寄付金が必要になります。第一種動物取扱業の保護活動者の場合には、営利事業なので、個々の犬を有償での売り渡しが認められています。
日々の飼養にかかる費用(フード代、電気・水道・ガス代、スタッフ人件費、各種消耗品代など)を基本として、それに、感染症予防ワクチン費用、マイクロチップ装着費用、狂犬病予防注射費用、健康診断費用、また、避妊・去勢手術を実施している場合にはその手術費用、その他、犬のお届け費用などが加算された「譲り渡し金額」のご負担が必要になります。
(3)譲渡金額は、日額1,000円に育成日数を乗じた金額が「育成費用」となります。平均の育成日数を90日(3ヶ月)とすると「育成費用」は9万円となります。それに、マイクロチップ装着費用(6,000円)、ワクチン接種2回(7,000円X2=14,000円)合計2万円が加算される場合には、譲渡金額の総額は11万円となります。さらに、任意にはなりますが、保護活動へのご支援の寄付金もお願いできれば、幸いです。
(費用の参考資料)★ワクチン接種代:7,000円 ★狂犬病注射:4,000円 ★畜犬登録鑑札代、狂犬病注射済票代:4,000円 ★マイクロチップ装着代(登録込み):6,000円★お届け代 (ガソリン代、高速代、その他を含む)
(4)純血種やそのミックス犬を希望される場合には、その犬種の特徴や気質などを調べて、ご自身の飼育環境やライフスタイルに適しているかをお考え下さい。
(5)最初から理想的な家庭犬がいるわけではありません。ただ飼えばいいというのではなく、良きパートナーになるように育てるための「知識」や「技術」が必要です。初心者の方だけではなく、飼育経験のある方も、最新の医療的なケア、栄養管理、お手入れなどについて、お調べ下さい。
(6)譲渡の対象エリアは、関東圏を希望しております。インスタグラムなどでワンコの投稿をしている、あるいは日常生活を垣間見ることができるような投稿があれば、お教え下さい。
(7)お住いについて
自己所有の一戸建て(賃貸の場合には大家さんの許諾済み)、あるいはペット可の集合住宅にお住まいであることが条件です。
一戸建ての場合には、室内飼いのみです。集合住宅では、すでに先住犬がいる場合には、ペット飼育細則で、複数頭の飼育が認められていなければなりません。
集合住宅では、飼育細則で小型犬に限定しているところも多く、廊下やエレベーターなどの共用スペースでは、ワンコを抱きかかえることがマナーですので、小型犬が好ましく、中型犬はお勧めしていません。
(8)犬だけでお留守番する時間が少ないご家庭を優先します。
ご家族のどなたかが常にお家にいて、犬の面倒を見ていただけるご家庭を優先致します。共稼ぎのご家庭でも、奥様はフルタイムでは働いていないので、子犬がひとりぼっちで留守番する時間はそんなに長くならないといった場合には、柔軟に判断させていただきます。ただし、手のかかる赤ちゃん犬ではなく、6ヶ月齢以上の幼犬か成犬を迎えることもご検討下さい。
(9)幼いお子さんがいる、あるいは出産予定があるご家族様は、慎重にお考え下さい。
乳幼児、幼稚園児がいるご家族様も、慎重にご検討下さい。幼い子供さんが犬をおもちゃにしてしまうということもありますが、子どもさんが、犬が嫌がっているのに気づかずに、触り続けて、我慢できなくなった犬に咬まれてしまうといったことが懸念されるからです。現在、先住犬を飼っている、あるいは最近まで飼っていたので、ご両親が飼い方のノウハウを十分に持っていて、子どもさんと犬とのふれあいもきちんとコントロールできるといったことが条件になります。また、近い将来、出産の予定があるというご家庭は、産まれてくる赤ちゃんに手がかかる時期に、犬を迎えることが適切かどうかを慎重にお考え下さい。
(10)ひとり暮らしの方は、バックアップ体制が整っていることがポイントになります。
ひとり暮らしの方は、自営業で職場に犬を連れていける、あるいは時間の自由度が高いといった環境であれば、飼育経験なども踏まえて、候補の可否を判断致します。近くに実家があって、預かってもらえるといったサポートの有無を確認させていただきます。いざという時に、ペットシッターやペットホテルを利用できるといった経済的なゆとりがあるかどうかも、判断の条件になります。
(11)60歳以上の方には、後見人となるご親族のサポートを確認致します。
二世帯住宅で同居家族がいる、あるいは、近くに親族がいて、不測の事態に当たっては、犬を預かる、あるいは終生飼養をお約束いただけることが条件です。
(12)同居のご家族全員が、新たな犬を迎えることに同意していることが条件です。
ご家族に知らせずに、「きっと喜ぶだろう」と期待して、お申込みをされることは、ご遠慮下さい。ご家族全員が、新たに犬を迎えることに同意していることが必要です。また、どなたかおひとりでも難色を示しているようでしたら、申込みはなさらないで下さい。
(13)プロセスについて
犬と暮す住環境や家族構成、飼育経験などを質問させていただきます。
犬を受け入れる条件が整っていれば、次のステップに進んでいただきます。
「あきらめる」ということも、大切な判断です。
(14)事前の検診及び感染症予防
事前に、獣医師によって犬の身体機能や健康状態の検査が行われます。目で見て(目診)、触って(触診)、聴く(聴診)という手法による検査になります。
特に重要と考えられるチェックポイントは、心臓に欠陥がないか(心雑音)、膝関節がゆるくないか(膝蓋骨脱臼/パテラ)、頭蓋骨に隙間があるか(モレラ)、ヘルニアはあるか(鼠経ヘルニア、臍ヘルニア)、歯の咬み合わせはどうか(不正咬合/アンダー・オーバー)などです。それら以外にも、視力や皮膚の状態などもチェックします。
感染症予防のワクチンは、毎年、同じ時期に接種しています。フィラリアの予防薬も毎年、一定期間、投与しています。
最初は元気いっぱいの犬でも、生きものである以上、病気をしない、あるいは先天性の疾患が発現しないということは、お約束できません。早い時期に、何らかの病的な症状に気がついた場合には、犬をお戻し下さい。
★麻酔をかけての手術に耐えられるだけの体力が備わっていない子犬の場合には、避妊・去勢手術はしていません。それぞれのご家庭で、適切な時期に、避妊・去勢手術を実施されますよう、お願い致します。  
保護団体 ユニーク・ドッグ・ジャパン
〒3590012
埼玉県所沢市
https://uniqdohome.com/

※現在トライアル中の場合もございますのでご了承ください。

譲渡条件

※譲渡条件、譲渡費用は、保護団体毎に異なります。
下記URLからご確認下さい。
https://uniqdohome.com/transfer/